Loading...
監督・製作総指揮を手掛けたのは、『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、『AMY エイミー』でアカデミー賞®受賞を果たした、イギリスの俊才アシフ・カパディア。また、製作にジェームズ・ゲイ=リース、編集にクリス・キング、音楽にアントニオ・ピントなど、前作と同じスタッフが集結。さらに、マラドーナ本人の完全な協力を得て、500時間の貴重な秘蔵映像と共に、栄光と挫折を繰り返す天才の光と影が明かされる。カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネート、ロッテントマト89%大絶賛など、世界中で高く評価された波瀾万丈な人生ドラマが遂に日本公開。
1984年、世界的な人気を誇るアルゼンチン出身のサッカー選手ディエゴ・マラドーナは、熱狂的な観客が集うイタリア南部の弱小クラブSSCナポリに移籍する。ピッチでは“神の手”“5人抜き”でメキシコW杯優勝、“クラブ史上初”のセリエA優勝により、スーパースターとして崇め立てられたかと思いきや、プライベートではマフィアとの交際、愛人とのゴシップ、コカインでの逮捕により、トラブルメーカーとして忌み嫌われてしまう。やがて、サッカーを愛するピュアな“ディエゴ”、マスコミを騒がせるダークな“マラドーナ”という、相反する“二つの顔”が浮かび上がる・・・。
1960年
10月30日にアルゼンチンのブエノスアイレス南部ラヌースで8人兄弟の5番目として産まれる
1968年
少年チームのエストレージャ・ロハでプレー
1970年
アルヘンティノス・ジュニオルスの下部組織に当たる“ロス・セボジータス(小さな玉葱)”にスカウトされる
1972年
アルゼンチンリーグのハーフタイムショーでボールリフティングを披露
1974年
アルヘンティノスのトップに昇格
1976年
15歳11か月の最年少記録でアルゼンチンリーグデビュー、最初のボールタッチで相手選手の股間を抜くドリブルを見せる
1977年
16歳3か月の最年少記録でアルゼンチン代表デビュー
1978年
アルゼンチンW杯のメンバー最終選考で落とされる、セサル・ルイス・メノッティ監督は“若過ぎる”と説明
1979年
日本で開催されたワールドユース選手権優勝で大会MVPに選出

アルゼンチンリーグで得点王となり南米最優秀選手賞受賞
1980年
アルゼンチンリーグで2度目の得点王
1981年
強豪ボカ・ジュニオルスに移籍金400万ドルで移籍、アルゼンチンリーグ優勝
1982年
スペインW杯に出場するが徹底的にマークされて2次リーグ敗退

スペインのFCバルセロナに史上最高額の移籍金760万ドルで移籍
1983年
コパ・デル・レイ(国王杯)優勝

アスレティック・ビルバオ戦で危険なタックルを受けて左足首を骨折、選手生命を脅かす重傷だったが手術は成功して3か月後に復帰
1984年
コパ・デル・レイ決勝のアスレティック戦で大乱闘の口火を切る、ルイス・ヌニェス会長など幹部との関係は既に悪化しており移籍は決定的となる

イタリアのSSCナポリに史上最高額の移籍金1300万ドルで移籍

ナポリの本拠地スタディオ・サン・パオロで会見、ファン85000人が詰めかける

コッパ・イタリア(イタリア杯)のアレッゾ戦でイタリアデビュー、1ゴールを決めて勝利

サンプドリア戦でセリエA初ゴール
1985年
84-85シーズンは8位で終えて14ゴールで得点ランキング3位
1986年
85-86シーズンは3位

メキシコW杯準々決勝のイングランド戦で“神の手”“5人抜き”ゴール、優勝で大会MVPに選出されて世界最優秀選手賞受賞

愛人クリスティアーナ・シナグラとの間に隠し子がいたことが判明、認知を渋った為にマスコミから批判される
1987年
恋人クラウディア・ビジャファーネとの間に長女ダルマが産まれる

86-87シーズンはクラブ史上初のセリエA優勝とコッパ・イタリア優勝で2冠、街中で祝福とパーティーが2か月続いてビルの壁面に巨大な肖像画が描かれる
1988年
87-88シーズンは2位で終えて15ゴールで得点王
1989年
88-89シーズンは2位で終えてUEFA杯優勝

次女ジャンニーナが産まれてクラウディアと結婚
1990年
89-90シーズンは2度目のセリエA優勝

イタリアW杯準決勝のイタリア戦で勝ったことで南北摩擦が激化、決勝で大ブーイングを浴びて準優勝
1991年
薬物と売春への関与が疑われて売春は認めるも薬物は否認、マフィアとの関係が報道されて批判される

再検査でコカイン陽性反応が検出、イタリアサッカー協会から15か月の出場停止処分を科される

アルゼンチンへ帰国するがコカイン所持で逮捕

90-91シーズンは8位で終えて退団は決定的となる

名古屋グランパスエイトと契約寸前まで進んだが破談、フランスのマルセイユやスペインのレアル・マドリーが獲得に動くも実現せず
1992年
FIFAの介入によりスペインのセビージャに移籍
1993年
アルゼンチン代表に復帰

アルゼンチンのニューウェルス・オールドボーイズに移籍するが5試合で解雇
1994年
アメリカW杯に出場するがドーピング検査でコカイン陽性反応が検出、FIFAから大会追放と15か月の出場停止処分を科される

アルゼンチンのマンジュで監督に就任するが2か月で辞任
1995年
アルゼンチンのラシンで監督に就任するが4か月で辞任

ボカに移籍して現役に復帰
1996年
PKを5本連続で失敗して引退が噂される
1997年
37歳のリーベル・プレート戦で現役引退
2000年
コカイン使用が原因となる心臓発作で入院

FIFA20世紀最優秀選手に選出
2001年
ボカの本拠地ボンボネーラで引退試合
2004年
クラウディアと離婚して20歳のキューバ人女性と再婚

コカイン中毒で入院
2005年
肥満解消の手術を受けて50キロ減量

テレビ番組「10番の夜」がスタートしてホストを務める
2007年
肝炎とアルコール依存症で入院
2008年
アルゼンチン代表の監督に就任
2010年
南アフリカW杯準々決勝のドイツ戦で敗れて解任
2011年
UAEのアル・ワスルで監督に就任するが1シーズンで解任
2017年
UAEのアル・フジャイラで監督に就任するが1シーズンで辞任
2018年
メキシコのドラドス・デ・シナロアで監督に就任するが9か月で辞任
2019年
アルゼンチンのヒムナシア・ラ・プラタで監督に就任するが2か月で辞任
年表監修:西部謙司(サッカージャーナリスト)
1972年、イギリス生まれ。短編『THE SHEEP THIEF(原題)』(97・未/監督・脚本)で98年カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門第2席受賞。また、初の長編『THE WARRIOR(原題)』(01・未/監督・脚本)で03年英国アカデミー賞英国作品賞&新人監督特別賞受賞。そして、初の長編ドキュメンタリー『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』(10/監督)で11年サンダンス映画祭ワールドシネマドキュメンタリー部門観客賞、12年英国アカデミー賞ドキュメンタリー賞&編集賞受賞。さらに、次の長編ドキュメンタリー『AMY エイミー』(15/監督)で15年カンヌ国際映画祭アウトオブコンペティション部門ワールドプレミア上映、16年英国アカデミー賞ドキュメンタリー賞、16年グラミー賞ミュージックフィルム賞、16年アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞。その他の主な作品は、『ザ・ノース -北極の宿命-』(07・未/監督・脚本)、『RONALDO/ロナウド』(15・未/製作総指揮)、『オアシス:スーパーソニック』(16/製作総指揮)、「マインドハンター」(17/監督)など。
手掛けた主な作品は、『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』(10)、『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』(10)、『AMY エイミー』(15)、『RONALDO/ロナウド』(15・未)、『オアシス:スーパーソニック』(16)、「MAKE US DREAM」(18)、「Formula 1:栄光のグランプリ」(19~)など。
手掛けた主な作品は、『RONALDO/ロナウド』(15・未)、「MAKE US DREAM」(18)、「Formula 1:栄光のグランプリ」(19~)など。
手掛けた主な作品は、『ヤング@ハート』(07)、『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』(10)、『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』(10)、『ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン』(13)、『AMY エイミー』(15)、『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(17)など。
手掛けた主な作品は、『セントラル・ステーション』(98)、『ビハインド・ザ・サン』(01)、『シティ・オブ・ゴッド』(02)、『ロード・オブ・ウォー』(05)、『パーフェクト・ストレンジャー』(07)、『コレラの時代の愛』(07)、『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』(10)、『オーバードライヴ』(13)、『AMY エイミー』(15)、『風をつかまえた少年』(19)など。